お墓の種類

お墓は、「建ててお終い」ではない

先祖への祈りを込めるお墓。多くのお墓の建立に関わってきた当苑だからこそ、「墓石を買い、お墓を建てたら一安心」ではないことをよく知っています。
お墓は、先祖を思い、未来永劫ご先祖様をお守りする拠り所であり、子どもたちや孫たちに「お墓参り」という文化を伝える場でもあります。
どんなお墓でも、ご家族の未来を考えた最善のご提案を。私たちが常に持ち続ける、霊園としての理念です。

お墓の違いリスト

「規格墓・自由墓」と「永代供養墓」について、違いをまとめました。
ご不明な点はご相談ください。

特徴 メリット デメリット 費用 供養・管理 納骨数 改葬
規格墓・自由墓 霊園や寺院ほか集落の墓地に各家で建てるお墓。
  • 墓守がいる限り存続できる
  • 先祖代々の「終の棲家」
  • 墓守がいなくなると無縁仏に
  • 遠方に住むと管理が大変
建てるときに必要
    • 永代使用料(数十万〜100万円)
    • 墓石代(平均150万円)
  • 毎年管理費が必要(当苑では1万円〜/月)

菩提樹苑の場合

供養は各自で行うのが基本。ただしオプションで代行サービスあり。霊園全体も毎日掃除。

他霊園の場合

供養は各自で行う。霊園全体の掃除等はあるが、個々のお墓は各自管理。

お墓のサイズによるが、10霊から20霊前後。

菩提樹苑の場合

可能

他霊園の場合

可能。寺院によっては「離檀料」がかかることも。

永代供養墓 霊園が管理・供養をする、少人数のためのお墓。
  • 無縁墓にならない
  • 管理をしなくてもよくなる
一度納骨すると改葬ができなくなる

菩提樹苑の場合

5〜35万円
  • 追加料金なし

他霊園の場合

数万円〜
  • 存命中に年間管理費が必要なことも

菩提樹苑の場合

供養・管理は菩提樹苑が行う。「無期限型」で、供養は必ず毎月1回。

他霊園の場合

供養・管理は霊園が行うものの「有期限型(七回忌以降は合祀墓に入る…など)」がほとんど。

菩提樹苑の場合

1霊ごと(合祀墓)

他霊園の場合

数霊のことが多い

できない
  • 横へスクロールします。

お問い合わせ・資料請求

お墓のことやご供養についてのお問い合わせ・資料請求は、
お電話またはメールフォームよりご連絡ください。